ワンピースの伏線

【ワンピース考察】ジュエリーボニーの正体はくまの母親って本当?エースの姉説についても

ジュエリーボニーとはシャボンディ諸島において、最悪の世代と呼ばれている海賊のうちの一人です。

自分の年齢や周りの人の年齢を自在に変化させることが出来る能力を有していて、シャボンディ諸島ではゾロと関わったこともあります。

そのジュエリーボニーは実はバーソロミュークマの母親やエースの姉ではないかと推察されています。

ぷに助
ぷに助
 まだ謎が多い女海賊だね! 

ぱちぇこ
ぱちぇこ
 私は顔がタイプです! 

今回はジュエリーボニーのその謎について考察して参りたいと思います。

 

 

\【アニメ】ワンピースの最新話を無料で視聴する方法は以下!/

>>【アニメ】ワンピースの無料視聴はこちら<<

★速報★【映画】ワンピース スタンピードで「ひとつなぎの大秘宝」の正体が?!

>>ワンピース スタンピードのネタバレはこちら<<

 

▼ワノ国を無料で視聴する方法!見逃しても大丈夫!▼

[quads id=3]

ジュエリーボニーはくまの母親なのか?

ワンピース908話でジュエリーボニーとバーソロミューくまの新事実が判明しました。

バーソロミューくまは元ソルベ王国の国王だったのです。

元七武海で革命軍幹部という肩書きだけではなかったということですね。

ぷに助
ぷに助
 今は天竜人の奴隷にされてしまっているね。。 

ぱちぇこ
ぱちぇこ
 残念だけれど、もう元のくまには戻れないのかもね 

一方ジュエリーボニーは新世界で黒ひげに敗れ、海軍に捕まっていましたが、逃れて天竜人のいるマリージョアに姿を現しました。

その時に能力を使って変装していたのはソルベ王国の王太后コニーという人物でした。

同じタイミングでソルベ王国の関わりが現れるのは偶然とは思えません。

さらにジュエリーボニーが国王の母君の姿であるというところも疑問となります。

なぜならマリージョアは世界会議を行っている最中で王族に扮装することはとてもデメリットが大きいと思うからです。

ぷに助
ぷに助
 何でソルベ王国の王太后に変装したのかな? 

ぱちぇこ
ぱちぇこ
 もしかしたら自分が変装しやすい人だったのかも! 

逆転の発想をするならば、コニーの姿こそがジュエリーボニーの本来の姿の可能性がありますね。

それほどまでにくまを助けたいという思いがあるからこそ元の姿になって現れたのでと考えられますね。

その方がマリージョアに自然に入ることが出来たことに合点がいきますね。

そうなってくると、ジュエリーボニーはバーソロミューくまの母親ということになることが自然な流れになります。

[quads id=3]

炎拳のエースの姉説とは?

ジュエリーボニーは頂上戦争の際に「何もかもあいつのせいだ」と涙を流して新世界に向かう場面がありました。

その涙はエースが亡くなったことに対する涙だと推察されます。

さらにジュエリーボニーとエースは故郷が南の海であることが共通しています。

ぷに助
ぷに助
 赤犬への怒りの涙だったのかな? 

ぱちぇこ
ぱちぇこ
 兄弟を殺されたら誰でも怒るよな! 

そして、ジュエリーボニーの悪魔の実は生まれたときのエースを逃すためにはとても役に立つ能力であることも兄弟説を唱える重要な要素ですね。

ジュエリーボニーの年齢を変えることが出来る能力ならば、エースがロジャーの子どもとして生まれたとしても生まれた時期をごまかすことが出来ます

しかし、ジュエリーボニーが泣いていたのはくまがパシフィスタの姿にされたことかもしれません。

また、ジュエリーボニーはエースと南の海との共通ですが、くまとはソルベ王国という地域まで一緒なのである。

それを踏まえますと、ジュエリーボニーがエースの姉であるという推察は薄いように感じられます。

まとめ

以上、ジュエリーボニーの考察をしました。

現時点では、エースの姉説よりバーソロミューくまの母親説のほうがかなり有力に感じられますね。

もしもバーソロミューくまのためにマリージョアで何かを企んでいるとすれば、かなりすごい展開になるかもしれませんね。

赤犬もジュエリーボニーには警戒しているようですので、かなりの強さなのかもしれません。

どちらにしても今後の話には要注目ですね。

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。